ようこそ!このプログは,地方都市在中の私ことフルカワヒロミという腐れ外道が,これまで音楽活動等をする際に使っていた自己オフィスが有名無実化していることを嘆き,個人的な情報発信(というか,音楽を中心に好きなモノを好き勝手に語る)の場として,皆様のお目汚しを気にせず,書き殴っているものです。これを読んで同調してもらえたり,興味を示してもらえれば光栄ですが,なにせ不親切きまわりない内容ですので,更に深く調べたい方はリンク先やGoogle等の検索サイトでお願いしますm(_ _)m

Mass in F Minor/The Electric Prunes


 何とか新型コロナウイルス感染も収まり,今日でマスク生活も終わりだねぇとホッとしているフルカワでございます。自宅のある街に戻って来ていますが,午前中は本当に良い天気でしたが,午後からは少し曇ってきましたが,まぁブログネタを打っているだけですので問題なしということで。
さて,前回のブログをアップした後のフルカワの日常ですが,日曜日は引き続き新型コロナウイルスの自宅療養ということで。天気は良かったのですが,風が暴風と言っても過言ではないくらい強くて,どっちにしてもこれじゃパナモリでは走れないよねぇと思いながら,アパートの中で日がな一日,マンガを読みながらウダウダ過ごさせてもらいましたです。とはいえ,この日から解熱剤を飲まなくても熱が上がらなくなった(とうか,解熱剤を飲んだら36.2度とか,平熱以下の数値になりだしたので,飲むのをやめました。)ので,月曜日も熱が出なければ,連休終了と同時に自宅療養も終了ということで。月曜日も解熱剤を飲むことなく平熱状態でしたが,今日までは大人しくしておかないとということで,アパートで引き続きマンガを読みながらウダウダ過ごさせてもらいました。天気は前日は暴風でしたが,この日は雨も加わって暴風雨状態でしたので,これはどちらにしてもアパートでウダウダするしかないよね!という天気でしたので,全く問題なしということで。
 火曜日からは連休明けということで,マスク着用の上,出勤し,ぼちぼち仕事をしているとあっという間に週末になってしまいましたです。しかし,久しぶりにマスク(しかも不織布マスク)を1日中着けていると,やはり暑いし,マスクで顔がこすれるのか,なんだか顔がゴワゴワするしで,なんだかなぁ~という感じでしたが,5日間の自宅療養後,5日間はマスク着用が推奨されているので,仕方ないかなと思いながらマスクを着けていましたです。とはいえ,アパートの中は自分しかいませんし,通勤時も歩いている人はほとんどいないので,出勤前にペットボトルのお茶を買いにコンビニへ入るときにマスクを着け,仕事を終え,職場の建物を出れば,帰り途中に買い物に立ち寄ることがなければマスクを外していたんですけどね。昨日は仕事を終えてからアパートへ戻り,洗濯と掃除を済ませてから,いつものようにプレオに乗って自宅のある街まで戻ってきましたです。晩御飯は丸亀製麺でトマたまカレーうどんを美味しく(少し辛かったのですが,締めのご飯をいれればちょうどいい感じになりました。)いただいた後はプレオでひた走り,いつものとおり自宅まで残り1時間のコンビニでトイレを借り,おつまみやおやつを買い,缶コーヒーで一息入れてから,残り1時間,自宅まで走らせてもらいましたです。
 今日はゆっくり目に起きて,朝ご飯を食べた後,自室でウダウダしてからまずはスラックスをクリーニングへ出しに行き,そのままスーパーへ昼ご飯を買いに行き,自宅に戻ってからアイスカフォレを作って美味しくいただき,一息入れた後,予約していた歯医者に行きましたです。実は今日までマスクをしないといけないので,歯医者に行ってはいけないのではないかと思い,念の為,事前に電話で問い合わせをしたところ,予約を変更してもらう必要はないということでしたので,マスクを着けて歯医者に行かせてもらいましたです。今日も歯石をガシガシと取る作業が続き,いったいいつになったら終わるのやら・・・と思いながら今日の作業は終わったのですが,次回は6月ということでしたので,歯医者に行くのが約1か月開くので,まぁいいかということで。自宅に戻ってから買っておいた昼ご飯を食べ,ぼちぼちとブログネタを打っています。
 明日は自宅のある街はくもり昼前から雨,所により夕方から雷を伴い激しく降るで,午後の降水確率は90%,最高気温は22度,山の中の町は雨,明け方までくもり,所により昼過ぎから夕方雷を伴い激しく降るで,午後の降水確率は90%,最高気温は20度ということで,明日は雨の中,プレオを走らせることになりそうですが,雨で鳥糞攻撃を受けているプレオが少しはキレイになるといいなぁと思っているフルカワです。

フルカワの日常ネタはこの程度にして,今回もThe Electric Prunesということで,1968年にリリースされたサードアルバム“Mass in F Minor”を紹介したいと思います。このアルバムでの複雑なアレンジがバンドではレコーディングできなかったため,バンドは解散し,プロデューサーがミュージシャンを集め,バンドの体で出した形になっています。ちなみに邦題は“ヘ短調のミサ”とオリジナルと何ら変わりがないので,そのままで良かったのでは?と思ってしまいました。
 1曲目の“Kyrie Eleison”という曲は,ベースとウネウネした音のギターのコード弾きと深めのエコーが掛かったヴォーカルがクラシックっぽいメロディーを唄い始め,特にバンドの音はサイケデリックな音になっているのですが,ヴォーカルがクラシックっぽいので,その格差に「なんなんだ,これは?」と思ってしまいましたが,終盤のファズの効きまくったギターがいい味を出しているなぁと思いました。
 2曲目の“Gloria”という曲は,パイプオルガンがミサのときに流れるような音を紡ぎ,いきなりコーラスになり,そこにギターとドラムとベースが入ってくるのですが,まんまクラシックのフレーズをエレクトリックギターとかを使って演っているのですが,確かにこれはかなりの腕前がないと難しいなぁと思える演奏をしまくってくれています。ギターだけでなく,ベースもソロを弾きまくっていて,これがまたカッコいいのですが,確かにこんなベースはこれまでなかったよなぁと思えるくらい気持ちよく弾きまくってくれています。
 3曲目の“Credo”という曲は,この曲もパイプオルガンの重厚な音で始まり,そこにストリングスとホーンが加わり,コーラスが入り,ドラムとベースとギターが入ってくるのですが,あくまでもクラシックの枠組みで演るのかな?と思っていると,アレンジはクラシックのまま,ドラムとベースとギターで演ってくれるではありませんか。途中からサイケデリックな感じになったりもするのですが,またクラシックなアレンジに戻るのですが,3曲目になると,これはこれで良い物では?と思ってしまう自分の順応性h大したものだなぁと思ったり。
 4曲目の“Sanctus”という曲は,発信音のようなキーボードの音で始まり,そこにコーラスが入り,静かにホーンが鳴らされ,コーラスとユニゾンでギターが弾かれ,ドラムとベースがリズムを組み立て,ファズを効かせ,沈み込むようなリヴァーヴを掛けまくったギターが弾かれまくり,そしてまたコーラスが入り,クラシカルな感じに戻って終わります。
 5曲目の“Benedictus”という曲は,4曲目の雰囲気で始まったと思ったら,いったんブレイクしてコーラスだけになり,そしてまたバンドの音が入ってくるのですが,途中でクラシックな感じから弾むようなポップな感じになり,ギターが弾かれまくっているのですが,まさか,このまま終わるわけはないよねと思っていると,キーボードがソロを弾き始め,これはここまでにない展開だなと思いながら聴いていると,続いてベースがソロを弾き始め,そこにクラシカルなコードをギターが弾き,ホーンが入り,さてどうなるか?と思っているとコーラスになり,最後はクラシカルな感じでまとまっていきます。
 ラストナンバーの“Agnus Dei”という曲は,バンドの音で始まるのですが,アレンジはクラシカルな感じで,そこにこれまたクラシカルなホーンが入ってきて,楽器の音がなくなってからコーラスが入り,次にホーンが入り,ドラムが入ると同時にバンドが入ってくるのですが,ギターがフィードバックノイズを鳴らしながらギターを弾きまくっているのですが,こんなクラシカルなアレンジの曲にフィードバック・ノイズが・・・合うんだなぁ,これが。めちゃカッコいいです。途中でリヴァーヴを掛けまくったシロフォンビブラフォンかも?)が叩かれまくっているのですが,これがまた音が団子になりながらカッコいいです。
 サイケデリックな音はありつつも,かなりアレンジはクラシックなので,確かに普通のテクニックじゃあこのアレンジは難しいよねと思いつつ,とはいえバンドでもないのに,バンドの名前を名乗ってリリースするのもなんだかなぁと思ったりもしますが,多分,当時でもちょっと(かなり?)変態チックなアルバムとしてリリースされたのではないかと思いますが,そういう意味ではある程度,バンドの名前で売ってしまうっていうのはありかもねと思うフルカワでした。

 実はちょっと今日は嬉しいことがありまして。というのも,自宅に戻ったので給料日より少し早いのですが生活費を入れておこうと思い,クリアケースに入れている郵便局の封筒を取り出したところ,中に何か入っているではありませんか。何か入れていたっけ?と思いながら取り出してみると,なんと1万円札が2枚入っているではありませんか。なんで?と思いつつ,自分が使っているクリアケースに入っていた郵便局の封筒に入っていたのだから自分のお金に間違いないとは思うのですが,入れたことを覚えていないので,なんかものすごく得をしたような気持ちになってしまいました。
 基本的には郵便局の封筒は生活費を自宅に入れるときに使うものの,封筒を回収することはないので,考えられるとすれば,昨年末にプレオの車検とスタッドレスタイヤの交換があったので,少し多めに準備しておいたものが,どちらかで余ってしまったものの,お金を封筒に入れたままクリアケースに片付けたのではないかと。まぁ,どちらにしても,給料前のこのタイミングで降って湧いた2万円は非常にありがたいので,感謝!ということで(例え,出どころが元々自分の金であったとしても。)。