ようこそ!このプログは,地方都市在中の私ことフルカワヒロミという腐れ外道が,これまで音楽活動等をする際に使っていた自己オフィスが有名無実化していることを嘆き,個人的な情報発信(というか,音楽を中心に好きなモノを好き勝手に語る)の場として,皆様のお目汚しを気にせず,書き殴っているものです。これを読んで同調してもらえたり,興味を示してもらえれば光栄ですが,なにせ不親切きまわりない内容ですので,更に深く調べたい方はリンク先やGoogle等の検索サイトでお願いしますm(_ _)m

FIVE CLASSIC ALBUMS PLUS BONUS SINGLES Dics4/LITTLE RICHARD


 今週は自宅でマッタリしながらブログネタを打っているフルカワです。しかし,この書き出しも今回で当分の間はなくなってしまうんですね。7月ももう終わってしまい,8月2日の木曜日に引っ越ししますので,来週末からは山の中の町と自宅を往復することもないので,週末は基本的にブログネタを打って,日曜日はパナモリで走ってという生活が戻ってくるんだなぁと思っていますです。とはいえ,台風が接近中で,明日は果たして山の中の町へプレオで帰れるのか?と思ったりもしますが,今のところの予報だと,時速30キロで進む台風に追いかけられながら山の中の町へ帰る感じになるので,何とか山の中の町へ戻った後,暴風雨になるのではないかと思っていますです。ということは,明日の夜は窓を閉めて寝ないといけないので,初めて夏にエアコンを動かさないといけないかな?と思っていますです。
 さて,前回のブログをアップした後のフルカワの日常ですが,土曜日はブログをアップし,昼ご飯を食べた後,山の中の町へ戻りましたが,その途中で大型スーパーで買い物をし,アパートに着いてから買った荷物を冷蔵庫へ入れ,一息ついた後,歩いてペットボトルのお茶を買いに行き,少しノンビリした後,嫁さんが持たせてくれたおかずを食べながら晩ご飯にさせてもらいましたです。日曜日は休日出勤だったのですが,なぜか朝の5時30分に夜勤をしている同僚から電話があり,なんか職場のトイレ付近から漏水で廊下が水浸しということで,う〜ん,それを私に今言われても,私に直せるわけはないので,眠たかったこともあり,つい一言,「今,私にそういうことを言われても,私が今から行って修理することはできないんですけどね。」とちょっと嫌みを言ってしまいましたです。とはいえ,目が覚めてしまったので,もう起きて,朝ご飯を食べ,ウダウダしながら出勤するまで時間をつぶし,コンビニで昼ご飯を買ってから休日出勤しましたが,職場の廊下がなかなか派手に漏水していたので,担当者が出勤し,何とか漏水を止め,水浸しになった廊下を片付けていましたが,当然,私もそれに巻き込まれ,直接の作業はありませんでしたが,関係各所への連絡等を休日出勤の作業の合間にさせていただきましたです。月曜日からは仕事で,いや〜暑かったですね。しかし,この日は送別会でしたので,久しぶりに三次会まで行って盛り上がってしまいましたです。火曜日からは異動までに片付けておきたい仕事をシコシコさせてもらいましたです。異動までにやっておかないといけない仕事があと2つあるのですが,体力の限界である午後8時まで頑張って,何とか1つめの仕事を片付け,翌朝メール送信予約をしてから職場を後にさせてもらいましたです。水曜日からはもう1つの仕事をやろうと思っていたのですが,なんだかんだで時間が取れず,通常業務だけで手一杯になってしまいましたです。この日も体力の限界である午後8時まで頑張ったのになぁ。木曜日はこの期に及んでブロック支店へ出張でしたので,1日潰れてしまいましたです。山の中の町へ戻ったら,もう午後7時30分でしたので,とても職場に戻る気持ちにはならず,そのままアパートに戻らせてもらいましたです。金曜日は何とか頑張って,残り1つの仕事の半分までできたので,後は月曜日で仕上げて,火曜日は身辺整理をすればいいかなと思いましたし,自宅に戻る週でしたので,午後5時30分にボチボチ帰ろうかと思っていると,別部署から電話があり,いろいろ言ってきて,要するに日曜日に出勤しろということですかと思ったので,ついイラッとして「それって日曜日に出てこいっていうこと?」と聴くと,「そこまでに必要性があるか検討していない。」ということでしたので,「今週は自宅へ帰るから,もう帰ります。日曜日に出てこいということなら連絡をもらえれば日曜日の必要な時間に戻ります。」と伝えて電話を切らせてもらい,アパートに帰って洗濯や掃除をしていると携帯電話に連絡が入り,日曜日の休日出勤の必要はないということでした。それなら最初から検討してそんな電話をしてくるなよなと思いましたが,そこまで言うと喧嘩になるので,そこまでは言いませんでしたけどね。勤務日なら待機もしますし,無駄だと思いつつも対応しますが,休日なんだから考えてほしいなと思ってしまいましたが,そんな仕事ももう少しですしね。というわけで,洗濯と掃除を終わらせ,持って帰る荷物をダンボール箱に詰め,プレオに積んで,コンビニで弁当を食べ,いつものように自宅まで戻らせてもらいましたです。自宅に着いてからは,まずダンボール箱を部屋まで持って上がらないと行けないので,自宅マンションの玄関にプレオを横付けさせてもらって,ダンボール箱を部屋に持って上がってから,プレオを駐車場まで異動させ,自宅に戻りましたです。
 今日は午前中はクリーニングを取りに行ったついでに長距離通勤のための定期券を買いに行きましたです。それから仕事用の靴を買い替えたい(歩き方が悪いのか,靴が悪いのか,歩いているときにつま先が引っかかることがあったのですが,とうとう転んでしまい,合皮の靴だったこともあり,靴の皮が剥げてしまったので。)ので,プレオに乗って靴を買いに行き,フルカワの好きなプレーントゥはありませんでしたが,ストレートチップでもいいかということで,ストレートチップを初めて買わせてもらいましたです。調子の悪かった靴は合皮だったこともあり,なんかグニャグニャした感じがありましたが,今回はきちんと本革にしたので,靴自体がしっかりしている感じがするので,大丈夫ではないかと。

 フルカワの日常ネタはこの程度にして,今回で最後になるLITTLE RICHARDの“FIVE CLASSIC ALBUMS PLUS BONUS SINGLES”を紹介します。今回紹介するDisc4は,シングルのA面とB面のセレクションになっています。
 1曲目の“TAXI BLUES”という曲は,イントロのホーンがジャジーなのですが,ドラムとベースが作り出すリズムはボチボチブルーズという感じでしょうかね。LITTLE RICHARDもそんなにシャウトしていなくて,どちらかといえばジャジーに唄っているような感じもします。タイトルはブルーズなんですけど,泥臭いというよりもオシャレな感じがする曲になっています。
 2曲目の“EVERY HOUR”という曲は,ピアノがゆったりとしたリズムを作っているブルーズナンバーで,1曲目よりも2曲目の方がブルーズだねぇと思ってしまいましたです。ホーンも入っていますが控えめにリフを吹いていて,あくまでもメインはLITTLE RICHARDのヴォーカルという感じになっています。間奏もなく,淡々とバンドの音が続き,淡々とLITTLE RICHARDのヴォーカルも続いているのですが,余計にブルージーな感じになっています。
 3曲目の“GET RICH QUICK”という曲は,早めのリズムにホーンがブリブリと吹かれ,LITTLE RICHARDはシャウトしまくっていて,ロックンロールまでもう少しという感じでしょうか。しかし,この曲のアレンジで面白いなぁと思ったのはベース以外の楽器はブレイクしているのですが,ベースだけは他の楽器がブレイクしているのにリズムを刻んでいるところで,思わずこういうのもありなんだねぇと思ってしまいました。
 4曲目の“THINKIN'BOUT MY MOTHER”という曲は,ゆったりとしたリズムにムーディーなホーン,LITTLE RICHARDも甘めの声で唄っているのですが,その後ろでチープな音で入っているピアノの音がなぜかイイ感じを醸し出しています。というか,全体的なアレンジはムーディーなホーンが柔らかい音を鳴らしているのですが,チープで高音域が強調されている(イコライザーなんてない時代ですので,いったいどうやって録音したのか興味があるところですが。)ピアノの金属的な音がアクセントになっていて,ただムーディーな曲になっていないところが素晴らしいかと。
 5曲目の“WHY DID YOU LEAVE ME”という曲は,これまたムーディーなホーンがタップリ入っているのですが,ちょっとR&Bっぽさが出て来た感じがします。この曲でもひたすら3連で弾かれているピアノの音が際だっていて,LITTLE RICHARDのヴォーカルとピアノが妙な緊張感を生み出しています。
 6曲目の“AIN'T NOTHING HAPPENING”という曲は,ホーンは入っているのですが,スピーディーで,もうこれはロックンロールだねぇという感じの演奏になっています。LITTLE RICHARDのヴォーカルもバンドの跳ねた音に負けないくらい跳ねた感じでゴキゲンな感じです。ジャジーでオシャレな感じよりも,汗をかきながらシャウトしている感じの音の方がやっぱり好きですねぇ。
 7曲目の“I BROUGHT IT ALL ON MYSELF”という曲は,イントロのピアノの連打でこれはハイテンポなロックンロールか?と思ったのですが,バンドの音が入るとちょっとスピードダウンしてしまい,残念な感じになってしまいましたが,LITTLE RICHARDがゆったりとジャジーに気持ち良く唄っているので,これはこれでまぁいいかと。まだ,こういうジャズ寄りの音が好まれる時代だったのかもしれませんね。
 8曲目の“PLEASE HAVE MERCY ON ME”という曲は,歪んでいる上に甘い音で聴きにくいギターに,キンキンした音のピアノ,ドラムはスネアが聴こえるだけというおせじにも良い音ではないのですが,そんな音の中でLITTLE RICHARDがしっかり唄っているのは救いでしょうかね。まぁ,少ないマイクで録音していた時代ですので,録音スタジオによっては仕方ないんでしょうね。
 9曲目の“AIN'T THAT AT GOOD NEWS”という曲は,コーラスで始まり,これはいけるかと思ったのですが,やっぱりジャジーなR&Bという感じで,いつになったらゴキゲンなロックンロールを聴かせてくれるんだよ!と思ってしまいましたが,途中からテンポアップしてドゥ・アップっぽくなるのですが,そこからはゴキゲンになってしまいましたです。
 10曲目の“FOOL AT THE WHEEL”という曲は,スピード感のあるサックスで始まり,ドラムとベースの作り出すビートもちょっと早めだねぇと思っていると,LITTLE RICHARDのヴォーカルはまだたたみかけるようなスピード感はなく,なんとなくそれなりにリズムに乗っていますという感じなのが少し残念だったりします。ただ,バックの音はだいぶロックンロールになってきたので,もう少しかなぁと思ってもみたり。
 11曲目の“ALWAYS”という曲は,ゆったりとしたテンポのブルーズっぽい曲で,LITTLE RICHARDのヴォーカルにユニゾンでコーラスが重なってくるので,せっかくのLITTLE RICHARDのヴォーカルがあまり目立たなくなっています。またシャウト成分も少ないので,もう少しシャウト成分も欲しいなぁと思ってしまいました。
 12曲目の“RICE,RED BEANS AND TURNIP GREENS”という曲は,やっとLITTLE RICHARDの張りのあるヴォーカルが聴けたという感じでしょうか。リズムはミディアムテンポなのですが,それでもLITTLE RICHARDがシャウトまではいかないまでも張りのある声で唄ってくれるとゴキゲンですね。しかも,この曲の間奏では,これまでサックスソロばかりだったのに,なんとオルガンのソロが入ったりと,ちょっと変化を感じさせる音になっています。
 13曲目の“LITTLE RICHARD'S BOOGIE”という曲は,イントロの鉄琴のゴキゲンな音もさることながら,軽やかなリズムに乗って軽やかに唄っているLITTLE RICHARDがカッコ良いです。間奏で鉄琴がソロを取るところも意表を突いていてカッコ良いです。
 14曲目の“MAYBE I'M RIGHT”という曲は,ピアノとLITTLE RICHARDのシャウトから始まり,ゆったりとした3連のリズムに乗ってLITTLE RICHARDが唄っているのですが,これぞロッカ・バラードだよねぇと思ってしまう心地良い3連のリズムとそれに寄り添うようなLITTLE RICHARDのヴォーカルが素晴らしいです。間奏ではギターがソロを取っているのですが,チョーキング効かせまくりのソロでこれまたゴキゲンです。
 15曲目の“I LOVE MY BABY”という曲は,勢いのあるリズムで始まり,そのリズムに乗ってLITTLE RICHARDも飛ばしぎみで唄うのかと思っていると,案外軽やかな感じで唄っているのですが,ところどころにシャウトを交えながら唄っているのでゴキゲンな感じです。この曲でも鉄琴が大活躍でリフを刻むわソロは取るわでいい仕事をしています。
 16曲目の“DIRECTLY FROM MY HEART”という曲は,ギターがベースとユニゾンでリフを弾きながらユッタリとしたリズムが刻まれるのですが,そのリズムの上をLITTLE RICHARDがゆったりとしたリズムで唄っているのですが,そのバックで1周り早いテンポでピアノが弾かれているので,妙な緊張感が感じられる曲になっています。間奏ではギターがソロを取り,もうホーンの時代じゃないぜ!って言っているように聴こえましたです。
 ラストナンバーの“I GOT IT“という曲は,いきなりLITTLE RICHARDのシャウトに,速いテンポのリズムで,そうだよ,これを待っていたんだよ!という曲がラストナンバーですか?というか,多分,このロックンロールに至るまでの16曲があったからこそ,この爆発的なロックンロールになったのではないかと。LITTLE RICHARDのシャウトも素晴らしいのですが,曲全体の勢いも凄いです。ひたすらカッコ良いです。文句なしのロックンロールだなぁと思ってしまいました。
 このボックスセットってデータがあまり書かれていないので調べてみたところ,ラストナンバーだけがSpecialty(Specialtyからは“Tutti Frutti”が1発目)からのリリースで,あとはRCA Victorだったり,Peacockだったりしているので,リリースするレコード会社の意向も結構あったのかなぁと思ってもみたり。そういう意味ではSpecialtyってロックンロールにとっては偉大なレコード会社だったのかなぁと思ったりもします。このシングルコレクションを聴いても,Specialtyの音がやっぱり際だってロックンロールですもんねぇ。

 しかし,単身赴任先のアパートも物が少なくなって,いよいよ引っ越しだねぇという感じになってきましたです。しかし,やはり調味料は余ってしまいそうなので,捨てるしかなさそうですね。味噌は無理やり使い切ったので,明日からはインスタント味噌汁を使おうと思っていますが,その他の調味料は仕方ないかと。明日は嫁さんが多分晩ご飯のおかずを持たせてくれますし,水曜日の夕方にガスが閉栓になるので,アパートで晩ご飯を作るのはあと2日なのですが,弁当のおかずが余ってしまうことから,それを晩ご飯で食べておかないといけないので,そうすると使える調味料も限定される(冷凍ブロッコリーとかウインナーは何とかなりますが,いわゆる「冷食おかず」は味の付けようがないですしね。)ので,仕方ないかなぁと思っていますです。
 水曜日の夕方にはガスが閉栓になるのであれば,お誘いがあれば飲みに行ってもいいかな?と思っていましたが,どうも火曜日の夕方に飲みに行くという話が出ていて,それには参加しない(で食材を片付けたい。)ので,そうすると,水曜日は一人でどこかへ晩ご飯を食べに行こうかなぁと思っていますです。生ビールを飲みながら魚系の晩ご飯を食べるのも悪くないのではないかと思っていますが,まぁビールが飲めれば個人的には問題はないんですけどね。